『いわきサイコーです!!〜LET'S GO TO いわき〜』
2011年5月6日(金)、7日(土)に開催された、ライブイベントの情報サイトです。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.01.24 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

NANKAN ROCK FESTIVAL 「はるかぜ 2013」 開催!!



NANKAN ROCK FESTIVAL
 「はるかぜ 2013」


日時:2013年3月30日(土)、31日(日) OPEN10:00/START11:00

会場:熊本県南関町ホテルセキア屋外ステージ

出演:(1.20現在)
マーガレットズロース/遠藤賢司/中川五郎/タテタカコ/ふちがみとふなと/カンナヴィーナサヨコ∞OTO/ラキタ/Jaaja/東京ローカル・ホンク/ボギー/塚本功/川原一紗◎藤川潤司/三ヶ田圭三/ミーワムーラ…計14組!!

チケット: 【一日券】 前売り¥2,000 /当日¥2,500
       【通し券】 前売り¥3,500 ※小学生以下無料

★はるかぜ2013 実行委員会 お問い合わせTEL 0968-53-3535
 最新情報Twitter https://twitter.com/harukaze2013

-----


神奈川から南関町に移住して来たロックンローラーの平井正也です。
「はるかぜ」というフェスはぼくがここへやって来た理由のひとつです。
これをやらなければうそだろ、という気持ちで動いています。

2011年5月に福島県いわき市でやった「いわきサイコーです!!」というイベントがありました。
全国から出演者があつまって、2日間音楽が鳴り止まない最高の時間でした。
だけど福島に人を集めてイベントをやったこと、子供たちを連れていったことってよかったのかな、と考えました。

その後ぼくたち家族はポップに都落ちすべく熊本に移住しました。
坂口恭平くんのツイートなどを見て、いま日本で一番おもしろい場所だと思ったからです。
バンドのメンバーを残して2011年8月に友達の家で居候ぐらしがはじまりました。まだ会うのは2回目の友達の家に家族4人で1ヶ月半も!
なかなか家が見つからないぼくらにいきなり電話をかけてきてくれたのが南関町で珈琲屋さんを営む稗島さん。
はじめて稗島珈琲店にいった日、南関に産業廃棄物の最終処分場ができる予定があることをしり、
それについて稗島さんにたずねると
「ゴミを出してるのは我々だから、そのゴミを変えていかないと」
その言葉にこころを動かされて、南関町に住むことを決めました。
それから稗島さんのおかげで、家ばかりか、お店をやる場所まで見つかったのです。しそにぬという、おかしな雑貨屋。

昨年の4月に公民館ホールで「はるかぜ」というコンサートをやりました。
ぼくたちがやって来たことを風に例えて稗島さんが考えた名前です。
東京から島崎智子さんも来てくれました。
よそ者のぼくたちができることって、気持ちいい風を吹かせることくらい。
そして「はるかぜ」という歌ができました。

今年の「はるかぜ」はどうしようと考えた時、福島の友達の顔が浮かびました。
あの「いわきサイコーです!!」の続きを、この町でやりたい。
いつかはやらなければここへ来た意味がないと、ずっと思っていたけど、
もう今やるしかないと決心したのです。

会場のホテルセキア屋外ステージはキャパ2000。なんと会場費は無料!
だけどふだんはほとんど使われていないという。
広すぎるステージに立って、ガランとした客席を見たとき、
「ここでフェスできるじゃん!」と冗談っぽく言ったけど、本当にやることになってしまった!
3.11の後、ぼくのように移住した人たち。
今も同じ場所で暮らす人たち。
この町で出会った人たち。
福島でがんばっている人たち。
音楽性や生活スタイルの違いを越えて、単純にたのしさでつながりたい!

日本中にたくさんの「あたりまえ」がある。
いつもの場所から一歩出ると自分の「あたりまえ」が「あたりまえ」に見えなくなる。
このイベントが保養や移住を考えるきっかけになったらいいなーと思う。
やっぱり自分の町が一番だと気づくのもいいなーと思う。
とにかく全国から遊びに来て欲しい!

いわきソニック三ヶ田くんからのメッセージ

いわきの三ヶ田くんからメッセージがとどきました。
いわきでの感動を熱く、伝えてくれました。
ちょっとはずかしいけど、本当にありがとう!!

===============
いわきサイコーです!!
ありがとうございました。
 
この二日間、感動の連続でした。本当にあの場に集まってくださったみなさん、感謝してます。
いわきを代表して心から感謝申し上げます!
 
現在いわきはまだまだ不安が続いています。けど、いろんな人に励まされて、助けられている、本当にそうなんだと実感してます。
 
初めてきていただいた方も、みんなまるで昔からの知り合いのようです。
平井くんも日記に書いていたけどみんなで一つのチームでした。これは今後も変わらないと思っています。
サイコーの出会い、サイコーの音楽、サイコーのお別れ…
自分の住んでいるいわきを自分でサイコーです!!と言うのはちょっと恥ずかしいけど、みんなで過ごした二日間はまさにサイコーでした。
 
私達はまだまだいわきをサイコーにし足りないのでここで頑張っていきます。
 
なのでみんなまた是非いわきに遊びに来てください。でも変な話、来なくてもいいのかもしれません。
どこで会っても僕たちは一つのチームです。会わなくてもチームだと俺は思ってます。
 
あの日の気持ちは一生持っていけるまさにサイコーの宝物になりました。
 
あの日から考えている事は、今度誰かが困っていたら、次は俺が行く番だ!という事です。
絶対そうします。それだけ、あまって飛び出してしまうほどのものを頂いてしまいました。
 
でもそれはやらなくてはいけない事、という感じではなくて、「自分でやりたいからやる」というか、「楽しいからやる」でいこうと思います。
みんながそうしてくれたように。本当に嬉しかったのです。それがサイコーのやり方だと気がつきました。
その時はまた一つのチームが心の中から飛び出して現実に現れるんじゃないかな。
その時は俺が真っ先にみんなに声をかけたいな、と思ってます。
是非その時はまた集まりましょうね!
 
あとひとつ、あの場にいなかったけど今回のサイコーですに力を貸してくれた方々。まだ顔も見たことがないけどやはりチームの一員の方々にもお礼申し上げます。
直接お礼が言えなかったので…。ありがとうございます!
 
そして平井一家ありがとう!
友情ってどんなものだろう?という人生の命題に一つの答えをだしてくれました。
それは一言ではいえないけど「友情=平井」である事は俺の中で間違いありません。
 
本当にありがとう。
 
ではまた!
 
ソニック三ヶ田

ポップな都落ち

いわきサイコーですブログ、更新を待ってくれていた皆さん。
お待たせしました。平井正也です。

きのうまで家族と一緒に西日本のいろんなところを旅しながら
週末にはライブというツアーを続けていました。
実は熊本への移住を考えていて、住むのによい土地を探しながらの旅でした。


いわきサイコー、これからも続けていくって宣言して
まだ第1回のこともちゃんと書けていないのに
いきなり熊本に移住というと、驚くかもしれませんね。


いわきのこと、毎日考えています。
今はいわきに行って、いわきのみんなと楽しむんじゃなくて
いわきからみんなを呼んで、一緒に楽しむ方法を考えています。

神奈川に住んで、福島に行って、熊本に行って。
それぞれの場所にそれぞれの当たり前がありました。
でもそこにある当たり前が、別の場所に行ったら当たり前でなくなることは
動いてみなければわからないことでした。


ぼくの中でどんな変化が起こったのか、
まだうまく言葉で説明できません。
だけど、これからぼくたちは前のような暮らしを取り戻すためじゃなくて
いままでと全然違う、あたらしい生き方を創っていくために動かなければいけないということは
はっきり言えます。
そのためにぼくができることを精一杯やります。


何を信じるかはみんなの自由。
知らないふりして今まで通りに生きることもできる。
いつか避難を強制される時までは。

過激な言い方と思うかもしれないけど、福島だけじゃなく
東京にも人が住めなくなるときがこの先来ないとは言い切れません。

できれば恐いことは考えたくなかった。
恐いことを言う人を信じたくなかった。
だけどぼくは動くよ。
そしたらそれは全然恐いことじゃなくて、すごくわくわくすることでした。

福島から、東京から、
みんなが集まってくるようなおもしろいことをやりたい。
ポップに都落ちする!
いまはそんなことを考えています。

ではまた。

第1回いわきサイコーです!!参加者の声

 いわきサイコーです!!の参加者のブログなどを紹介させていただきます。
「自分も書いたー!」という人もぜひ教えてください。

■黒岩トキオの「行かねばならぬ!」
http://tokiosoul.exblog.jp/12546912/

■ハラダイス銀河英雄伝
http://blog.livedoor.jp/haradashingo/archives/4683081.html

■寛司少年のつれづれ事件簿
http://blog.livedoor.jp/tanakakanji77/

■volce/takahito sasaki
http://blog.livedoor.jp/sattsann/

■Jaajaのゆうにゃんの日記
http://yuichi77.blog9.fc2.com/

■りょうくんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1719177348&owner_id=452535

■宗田祐介 mu info blog
http://www.munetayusuke.net/2011/05/blog-post.html



第1回 いわきサイコーです!!終了しました

平井正也です。
いまぼくは正直言うと、とてもさみしいです。
いわきから帰ってきて、なんだかこころに穴が開いたようになっています。

というのは、「いわきサイコーです!!」があまりにもサイコーすぎたからです。
いわきに来てくれたミュージシャン、お客さん、いわきSONICのみなさん、いわきのみなさん。
みんなみんな素敵なひとたちでした。
ほんとにありがとう。

すぐに日記を書こうとしたけど、帰ってすぐに12時間くらい眠ってしまい
目が覚めたらいわきでのことは夢だったんじゃないかと疑いました。
それくらい楽しかったのです。

今回いわきソニックに集まった人たちはまるでひとつのチームみたいでした。
いまはそれぞれの場所でそれぞれの生活に戻っている現実を、すぐには受け入れられないほど
濃い二日間を共有しました。
おおげさかもしれないけど、ほんとにそう思っています。


具体的にバスが新宿を発車するところから、帰ってくるところまで
ひとつひとつ書いていくにはあまりにたくさんのことがありすぎました。
それでもちょっとずつ書いくつもりです。
でもいまはまだ感傷的になってしまって書けません。
もうちょっと待ってください。


このイベントは続けていきます。
もっとよくしていくために、しなければいけないことはたくさんあります。
ただよかったよかったでは済まされない現実もあります。
それにしても、たのしかった。たのしすぎた。
みんないいライブすぎた。
打ち上げ、すごすぎた。


ふと、なんだ俺たち、いわきに行って勝手に自分たちが楽しんできただけなんじゃないか?
と心配になる瞬間がありました。
帰りのバスでそんなことを言ったら、
みんなが「それでいいんじゃない?」と言ってくれました。

ぼくたちは一緒に悲しい気持ちになりにいったわけじゃない。
地震で大きなものを失った人と同じ気持ちにはなれない。
でも自分たちが楽しむことはできる。
たぶんそれしかできない。
被災した人たちのために、なんて言えない。
ただ自分たちが楽しむだけ。
まだ、そんなもの観る気持ちになれないって人が
ちょっとずつライブハウスに戻ってきて
いつかいわきの人たちでいっぱいになるまで続けて行きたい。

いわきの街は活気があって、みんな前向き、に見えた。
でもきっと落ち込んだ人たちはまだ見えないところにいるだけなんだろう。
いまはいわきから避難している人も大勢いるだろう。
小さなこどもたちは特にいわきから少なくなっている。

早くこどもたちが安心していわきに住める日が来ますように。
街にこどもがいないとつまらないから
ぼくはすこしでも楽しいことをしに行きたいと思っています。

第1回 いわきサイコーです!!サイコーでした。
「サイコー!」「ありがとう!」「サイコー!」「ありがとう!」
こんなにたくさん言ったことはいままでなかった。
みんなほんとにサイコー!みんなほんとにありがとう!


USTREAM配信します!

本日の「いわきサイコーです!!」を、
サンシャインTVより、USTREAMで配信していただきます!
以下をクリックしてごらんください。
19時開演です!
いわきSONICに来られないかたも、ぜひ応援してください。

http://www.ustream.tv/channel/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96#utm_campaign=www.sunshine-tv.net&utm_source=5083407&utm_medium=social


いわきサイコーです前夜

あっという間に時間が過ぎて
あしたはついにいわきに出発です。

はじめはこんなことになるなんてぜんぜん思いませんでした。

まさか、東京からシャトルバスを出すなんて
まさか、こんなにたくさんのミュージシャンが来てくれるなんて
ぜんぜん思いませんでした。

でも思いついたことは、ほんとになんだってできるんだ。
ぼくがわくわくしたのと、同じようにわくわくしてくれたみなさん
ほんとうにありがとうございます。
みなさんのおかげで「いわきサイコーです!!」が実現しそうです。


3.11以来、いろんな価値観がひっくり返ったり、より強くなったり。
ぼくはいままで大事だと思っていたものがすべてなくなってしまった、
あるいはいつなくなってもおかしくないものなんだと感じました。

そしてあたりまえだと思っていたバンドや、家族さえも、
もう一度、ほんとに大事なんだろうか?と考えざるをえませんでした。

結果、ぼくがいままで大事だと思っていたものは
やっぱり大事なものだと思いました。
ぼくは前にもましてわくわくすることが好きです。

「いわきサイコーです!!」は誰かのためというより
自分が勝手におもしろがっていたからここまで準備して来れたんだと思います。
それを一緒におもしろがってくれる人がいるような気がして
それをいわきの友達がよろこんでくれるような気がして。

このイベントに参加してくれた人が
この大きすぎる震災を自分のサイズに捉えなおせたらいいなと思います。
テレビに映る大勢の被災者のために何かできないかと悩むよりも
ほんのちょっとでも会ったことのある人のために想像力を働かせられたらいいなと思います。
自分の地図に自分の字で福島の地名を書き加えられたらいいなと思います。


いわきソニックに直接渡すためのえこひいき募金も
おかげさまで4万円を越えました。
各地でぼくに気持ちをたくしてくれたみなさん
あしたしっかり渡してきますからね。
ほんとうにありがとうございました!

今夜はゆっくり眠ります。
おやすみなさい。





いわき在住の方よりメールをいただきました

いわき出発前夜、ぼくのところに届いたメールを紹介します!
==================

 初めまして。
いわき市在住の音楽大好きな者です。
ツイッターで貴方の主催するイベントを知り、
青森最後の詩人ひろやーがいわき市に来てくれるとの事で、本当に楽しみにしています。

私も被災し、3月12日に予定していたアイアンメイデンライヴに行くことができず悔しい思いをしました。
そして、職業が漁業なので職も失い暗中模索の毎日です。
だので、大好きなアーティストが地元で見れることに感謝感謝です。
ありがとうございます!

明日はお気をつけていらして下さいね!

いわき行きシャトルバス 集合場所・集合時間

 いわきサイコーです!!いよいよ明日出発です。

いわき行きシャトルバスはまだ若干の空席があります。
夜のライブに参加できないとしても、ただいわきの街を歩いてみたいというだけの人も
もちろん乗車歓迎です。
行きだけ、帰りだけでも大丈夫ですよ〜

【集合場所】
トヨタレンタカー新宿三丁目駅前店
電話:03-3341-2603

住所
新宿区新宿4-2-21
(JR新宿駅南口より徒歩3分、新南口より徒歩2分、地下鉄丸ノ内線・新宿線新宿三丁目駅A1出口より徒歩3分)
URL
http://rent.toyota.co.jp/rental/1-4-1-2.asp?sFlg=6&sCount=&rCode=63601&eCode=048&udFlg=2

新宿高島屋の近くです。

【集合時間】
5月6日 午前 10:45
【出発時間】
5月6日 午前 11:00
(clubSONICiwaki到着時間は15:00頃の予定)
【料金】
片道 2,500円

※往路、復路どちらかのみのご乗車も可能です。
乗車地は基本的にトヨタレンタカー新宿三丁目店一箇所のみを予定していますが
途中SAなどでのご乗車も可能な場合がございますのでお問い合わせください。



まだ参加しようか迷っている方、お気軽に電話ください!
ミュージシャンと一緒に直接ライブハウスまで行っちゃおう〜
リハーサルの間はカレー作りを手伝ったり、いわきの街をぶらついたり、
海沿いの被災地を訪ねてみたり、ご自由にどうぞ!

■予約・問合せ先
電話:08042082604 (平井)
メール: hirai@magazuro.com




いわきサイコーですカレー!!

 「いわきサイコーです!!」参加者の有志で5月6日、7日の二日間
なんと、カレーが振舞われることになりました!
ほんとにうれしいことです。感謝感謝!
感謝あまって勝手に命名させてもらいます。
ズバリ、「いわきサイコーですカレー」!!

カレーに使う食材はいわきのお店で調達する予定です。
なるべくなら小さな個人商店とかで。

当然、福島県産の食材もあると思います。
これについてはいろいろな考えのあるところだと思いますが
とりたてて福島県産の食品の安全性をアピールするつもりではなく
いわきの人たちがいつも普通に食べているものを普通に食べるだけです。
なので食べたい人は、お皿とスプーン持参でご参加いただけると助かります!

ライブフロアでの食事ができないので
基本的には開場から開演までの30分間にカレーを食べていただこうと思います。
もし残っていればライブ途中にもカレータイムを設けるかも知れません。
当日の入場者数によっては全員が食べられないかもしれないので
「いわきサイコーですカレー」を食べたい人は開場時間に合わせてご来場ください。


「わたしもカレー作りたい!」というキャンプ好きのあなた!
シャトルバスの空席ものこり僅かとなってきました。
みんなでいわきさ、いこう!!







カテゴリー

最近の記事

過去記事

コメント

リンク

企画

記事数:28
最終更新日:2013/01/24

このブログ内を検索

その他

QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR